医療脱毛って実際どうなの?脱毛サロンとの違い

医療脱毛と脱毛サロンの脱毛効果の違いとは?

医療脱毛にはレーザー脱毛や絶縁針脱毛と言った方法があり、どちらも発毛組織を破壊する効果があります。
組織が破壊されるとムダ毛が生えて来なくなると言う永久脱毛が医療脱毛の最大の特徴です。
脱毛サロンの場合には、フラッシュ光線などの光脱毛が主体となりますが、光脱毛の場合には発毛組織の機能を維持的に弱めるものであり、永久性はありません。
但し、脱毛サロンでの脱毛施術は肌に優しい、美肌効果があるなどの理由から人気を集めているのです。
料金的にも、脱毛サロンで行われている全身脱毛と比較した場合、医療脱毛の方が高いのが特徴です。
しかしながら、料金が高くなっていても、永久性を得られる事に魅力を感じる人の場合は医療脱毛を選ぶケースが多いのです。

脱毛施術の回数と費用について

脱毛の施術を受ける場合、繰り返し施術を受ける事で、毛量が少しずつ減る、毛が細くなると言った効果を得られます。
脱毛サロンなどの場合、8回の脱毛プランと言った回数制を導入しているケースが多いのですが、これは医療脱毛の場合も同じです。
但し、レーザー脱毛などの場合、脱毛効果が高いので、回数としては4回や5回で完了になるケースが多く、脱毛サロンで行われている光脱毛の効果と比較した場合、光脱毛を20回受けた時と同じような効果になるとも言われています。
医療脱毛は光脱毛よりも高いと言われていても、同じような効果を得るためにはより多くの脱毛施術をサロンで受ける必要があります。
また、脱毛は毛周期に合わせて繰り返すため、20回の脱毛を受けるためには1年に5回の施術としても、4年間掛かる計算になります。

初心者でもキャンペーンなどを利用するとVライン脱毛を新宿ですることができます。お試し感覚で可能なので不安と負担が少ないです。